本文へジャンプ

現在位置:

きょうされん書店

精神障害者の未来を拓くために 【KSブックレットNo.2】

720円(税込)

— 精神病者監護法制定100周年 精神衛生法制定50周年記念インタビュー

−今を生きる我々に問われているのは、本物の未来をどう拓いていくかということである。まずはこの分野の歴史を回顧することであろう。むろん、展望を拓くための回想であり単に過去を悔やむものであってはならない。精神障害分野の歴史にあって、わけても20世紀の100年間の持つ意味は極めて大きいものがある。この20世紀の振幅のほぼ全域を生き抜いてこられたのがわが共作連顧問の秋元波留夫先生である。まさに20世紀精神障害分野の生き証人ということになろう。
精神障害者の未来を拓くために 表紙写真 (目次)
はじめに
1.座敷牢温存で始まった、わが国の精神障害者施策
2.精神病者の二重の不幸が呉秀三によって鮮明に
3.監護法と病院法の並走が30年間も
4.精神的な支柱となった呉秀三との出会い
5.わが国の近代史に見る精神医療の系譜
6.中世・近世のヨーロッパでは
7.監禁と鉄鎖からの開放
8.イギリスでは憩いの家を創設
9.生き方を決定づけた、古本屋での「新撰精神医学」との出会い
10.精神病は脳の病気
11.戦時下で「他殺」に追い込まれた精神病者
12.画期的だった金子私案(精神衛生法)の提唱
13.精神病者慈善救冶会は歴史の証人
14.日本精神衛生会へと改称
15.流れを変えたクロールプロマジン(向精神薬)の登場
16.退院に漕ぎ着けることはできたものの
17.共同作業所「あさやけ」との出会い
18.わが国と欧米諸国との差異
19.障害定義のあいまいさが施策の遅れの温床に
20.政治的リーダーシップの欠如が遅れを助長
21.スキャンダルでしか変化しない法制度
22.新世紀に持ち越される社会的入院問題
23.二重の不幸からの脱却を新世紀の初頭に
あとがき
精神障害者の未来を拓くために 表紙写真
商品名 精神障害者の未来を拓くために 【KSブックレットNo.2】
商品番号 0002
メーカー名 きょうされん
著者 [話し手]秋元波留夫 [聞き手]藤井克徳
仕様 A5判 64ページ
初版発行日 2000年11月28日
ジャンル 対談・インタビュー
この書籍が取り扱っている話題 障害・精神
在庫 豊富
販売価格 720円(税込)
送料 【クロネコDM便配送】
※送料は別途かかります
出荷日 2日から3日後

ショップ内商品検索


商品カテゴリ

ショップガイド

営業カレンダー

2018年4月
(日曜日) (月曜日) (火曜日) (水曜日) (木曜日) (金曜日) (土曜日)
定休日1
2 3 4 5 6
定休日7
定休日8
9 10 11 12 13
定休日14
定休日15
16 17 18 19 20
定休日21
定休日22
23 24 25 26 27
定休日28
定休日29
定休日30
         
2018年5月
(日曜日) (月曜日) (火曜日) (水曜日) (木曜日) (金曜日) (土曜日)
    1 2
定休日3
定休日4
定休日5
定休日6
7 8 9 10 11
定休日12
定休日13
14 15 16 17 18
定休日19
定休日20
21 22 23 24 25
定休日26
定休日27
28 29 30 31    

この日は定休日です

営業時間:9:00〜17:30
定休日は発送は行ないません。