本文へジャンプ

現在位置:

きょうされん書店

生きたかった — 相模原障害者殺傷事件が問いかけるもの

1,512円(税込)

“生きるに値しない命などない――”


生きたかった表紙画像

私たちは、この事件の衝撃を今も捉えきれずにいる。

重度障害者のみを狙った史上最悪の殺傷事件を、
私たちはどう受け止めるべきか。

福祉・医療制度の盲点、自治体と国の責任、
そして社会に根深く残る差別と優生思想――。

各分野の専門家と当事者・支援者たちの声を編んで緊急出版する。




 ◇ 本書「はじめに」より一部抜粋

「事件の基本的性格は、『障害者の基本的人権・生存権の否認』ということにあります。
(中略)この事態を前に、私たちには、少なくとも、次の問いが投げかけられています。

(1)国内外の反響も考慮して、事件をどう捉えるか、事件の本質は何か
(2)障害当事者における反応はどうか、どう見るか
(3)事件の背景にある社会意識、市民のあいだの障害者差別意識はどうか
(4)優生思想の根源と、日本におけるその現実的展開はどうか
(5)事件が起きた施設の現実と、障害者施設を含む自治体の障害者政策の現実的展開はどうか
(6)精神保健・医療の現実と事件とのかかわりはどうか
(7)障害者差別解消法の施行と、自治体における障害当事者の参加による政策の推進・展開はどうか
(8)共生の思想による人権社会の構築に向けた、障害当事者と市民との共同・連帯の運動の展望、中央政府と地方自治体の果たすべき役割は何か

 本書は、こうした問題意識のもとに、日本国憲法と『障害者の権利条約』を鏡として、右記の問いかけへの回答を描き出そうとして編まれました。」





 ◇ 目次

はじめに――黙っていてはいけない

1.日本社会のあり方を根本から問い、犠牲者に報いるために
       …藤井克徳(日本障害者協議会代表、きょうされん専務理事)

 ・現代の日本社会を投影した事件
 ・障害当事者の声
 ・死後まで続く差別
 ・ふつうの感覚ではありえないこと
 ・重なったナチス・ドイツのT4作戦
 ・後を絶たない為政者の優生思想的発言
 ・影響少なくない新自由主義の潮流
 ・的外れの政府の対応
 ・障害者権利条約を羅針盤に


2.相模原障害者施設殺傷事件に潜む「選別」と「排除」の論理
       …福島智(東京大学教授)

 ・十九種類の献花
 ・犯行を構成する三つの要因
 ・事件直後の私の思い
 ・当事者たちの思い
 ・衆議院議長への容疑者の手紙
 ・「ヘイトクライム」と「優生思想」の二重性
 ・「生物学的殺人」と「実存的殺人」の二重性
 ・事件の根底にあるもの――「選別」し「排除」する現代社会の論理


3.精神科医の立場から相模原事件をどう見るか
       …香山リカ(精神科医、立教大学教授)

 ・容疑者の精神病理やそれと犯行との関係について
 ・厚労省の「再発防止検討チーム」について
 ・この事件に象徴される社会病理について


4.相模原事件の背景と自治体・国の責任
       …石川満(自治体問題研究所理事、日本福祉大学名誉教授)

 ・津久井やまゆり園について
 ・相模原市について
 ・措置入院および退院後の経過についての問題点
 ・国による差別の構造


5.相模原事件の根源を問う――人権保障の視点から
       …井上英夫(金沢大学名誉教授、佛教大学客員教授)

 ・いのちの軽さ――いのちが切り捨てられている
 ・相模原事件の構造――いのちが差別されている
 ・人権保障の歴史と意味――人間の尊厳と社会保障
 ・再発防止に向けて――生命権・生活権・健康権の確立


6.共生の社会を地域からつくるために
       …池上洋通(自治体問題研究所理事、日野市障害者関係団体連絡協議会監査)

 ・「個人の尊重」と地方自治体の任務
 ・差別の現実とその構造
 ・障害者が主権者として生きる――日野市民の条例案づくりから
 ・共に生きるまちをつくる


正面から向きあい続ける――あとがきにかえて

<コラム>当事者・家族・支援者の声
<資料編>日本国憲法、障害者の権利に関する条約、ほか





 ◇ 優生思想に関連する書籍

● パパ・ヴァイト ナチスに立ち向かった盲目の人(絵本) 1,728円
http://www.tomoichiba.jp/s_tomobook_2144.html

● 私を救った オットー・ヴァイト 〜ナチスとたたかった真実の記録〜 1,296円
http://www.tomoichiba.jp/s_tomobook_2170.html


※お支払方法ご確認画面で「代金引き換え」が表示されますがご利用になれません。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。


「生きたかった」表紙画像
商品名 生きたかった — 相模原障害者殺傷事件が問いかけるもの
商品番号 0083
メーカー名 大月書店
編者 藤井克徳・池上洋通・石川満・井上英夫
発行日 2016年12月16日
サイズ・頁数 A5判・160ページ
ISBN 978-4-272-36088-8
お支払方法・送料・到着日時の指定について ●銀行振り込み、クレジットカード決済でお支払いいただけます。
【注意】お支払い画面で代金引き換えが表示されますが、ご利用になれません。
●この商品は送料が全国一律160円です。
●到着日時の指定ができません
在庫 豊富
販売価格 1,512円(税込)
送料 ※送料は別途かかります
出荷日 ※入金確認後、2日から3日後に出荷になります

ショップ内商品検索


商品カテゴリ

ショップガイド

営業カレンダー

2017年5月
(日曜日) (月曜日) (火曜日) (水曜日) (木曜日) (金曜日) (土曜日)
  1 2
定休日3
定休日4
定休日5
定休日6
定休日7
8 9 10 11 12
定休日13
定休日14
15 16 17 18 19
定休日20
定休日21
22 23 24 25 26
定休日27
定休日28
29 30 31      
2017年6月
(日曜日) (月曜日) (火曜日) (水曜日) (木曜日) (金曜日) (土曜日)
        1 2
定休日3
定休日4
5 6 7 8 9
定休日10
定休日11
12 13 14 15 16
定休日17
定休日18
19 20 21 22 23
定休日24
定休日25
26 27 28 29 30  

この日は定休日です

営業時間:9:00〜17:30
定休日は発送は行ないません。