本文へジャンプ

現在位置:

パイ焼き茶房

出店作業所の紹介

パイ焼き茶房

1.パイ焼き茶房は、心に病のある人たちが働くお店です。だから、ホッとなごめる温かい場所づくりを目指しています。

2.パイ焼き茶房のお菓子は、こだわりの天然素材でつくられています。だから、食べておいしく、体にもやさしいのです。

3.パイ焼き茶房は、地域に開かれたお店でありたいと思っています。だから、みなさんの参加をお待ちしています。


 世田谷区には22ヵ所の精神障害者福祉施設があり、それぞれが特徴を持ちながら、地域の中で生活支援を行なっています。
 その中にあって、私たちパイ焼き茶房は「喫茶サービス・販売を通じた、一般就労に向けての就労訓練ならびに模擬職場」としての役割を担っています。
 「パイ焼き茶房」は社会福祉法人はるにより運営されています。
 また、ボランティア組織として、賛助会「パイ焼き窯サポーターズ」があり、資金面での支援やイベント開催、バザーでの販売活動などのお手伝いをしていただいています。

パイ焼き茶房の特徴と目的

パイ焼き茶房の特徴

●「ほっとする空間〜心を込めたおもてなしと素材を生かした飾らない味〜」をお店の理念に掲げ、商店街の中のオアシスとして、一般のお客さまが利用されている喫茶店を行なっています。

●売上向上を図り、多額の工賃を目指します。


パイ焼き茶房の目的

●精神障害を持つ人へ、一般就労に向けての就労訓練を行ないます。

●精神障害を持つ人のための模擬職場といての役割を担います。

心を込めたおもてなし
■開所日時
 月〜土 9:00〜19:30
 (営業時間は10:00〜19:30)
 (ラストオーダーは19:00)

■作業時間
 月〜土 9:30〜19:30の間でシフト制
     週3日、1日3時間以上

■作業内容 
 ●喫茶サービス
 ●焼き菓子販売
 ●焼き菓子包装
 ●焼き菓子箱詰め
 ●レジ・会計
 ●洗い物
 ●清掃
 ●納品・在庫の管理
 ●発注
 ●バザーでの販売
ほっとする空間
就労支援

 就労に関する相談については随時受けています。その他、就労学習会(「パイ焼き窯」と合同)を行なっています。また、世田谷区精神障害者就労支援センター「しごとねっと」と連携し、相談・ハローワークへの同行・ジョブコーチなどの支援も受けられます。

生活支援

 日常の相談については、随時受けています。その他、半年に一回定期面接を行ない、目標や利用目的の共有を図っています。また、定期面接の基づき、個人ごとの生活・就労支援計画書を作成しています。

素材を生かした飾らない味

パイ焼き茶房の概要

1)名称      パイ焼き茶房
2)開設日     1997年4月(自主運営開始)
           1998年4月(東京都補助金対象施設に)
           1999年1月(喫茶店として、リニューアルオープン)
3)施設の種類  精神障害者小規模通所授産施設
4)場所      東京都世田谷区尾山台ハッピーロード商店街中程)
5)住所      東京都世田谷区等々力2−18−1
6)TEL&FAX   03-3703-0415
7)運営主体   社会福祉法人はる
8)利用者対象  主に精神障害者 喫茶サービスの仕事をしたい人
9)定員      19名
10)事業内容  商店街の中で、美味しいお菓子と飲み物を販売している喫茶店。
 パイ焼き窯の手作りケーキ・世田谷りんごのアップルパイ等素材にこだわったお菓子の販売と、メンバーの心のこもったサービスをモットーに、地域のオアシス的な活動をしています。
11)作業内容  菓子販売・喫茶サービス・包装・商品管理・清掃・レジ等
12)職員     常勤職員4名体制

ショップ内商品検索


商品カテゴリ

ショップガイド

営業カレンダー

2019年1月
(日曜日) (月曜日) (火曜日) (水曜日) (木曜日) (金曜日) (土曜日)
    1 2 3 4 5
定休日6
7 8 9 10 11 12
定休日13
14 15 16 17 18 19
定休日20
21 22 23 24 25 26
定休日27
28 29 30 31    
2019年2月
(日曜日) (月曜日) (火曜日) (水曜日) (木曜日) (金曜日) (土曜日)
          1 2
定休日3
4 5 6 7 8 9
定休日10
11 12 13 14 15 16
定休日17
18 19 20 21 22 23
定休日24
25 26 27 28    

この日は定休日です